様々な療法でアプローチ!|脊柱管狭窄症のリハビリ法

病院

女性特有の疾患

看護師

乳がん検診では、問診や触診、検査が行われ、疑わしい部分を発見できる魅力が挙げられています。また、二次検査においては、結果的に疑いが晴れるケースが多いものの、受診する女性側の心身的ダメージまでに関与する支援を広げる動きが話題です。

詳細を読む

背骨を大事に

医者

運動は十分相談してから

脊柱管狭窄症のリハビリには多様なアプローチがあります。その中でもマッサージ療法や運動療法はよくおこなわれるリハビリ手法です。マッサージ療法や運動療法はリハビリの資格を持った理学療法士が行います。病院で行うことが多いのですが、最近は自宅まで訪問して行う訪問リハと呼ばれるサービスもあります。制度についてよく知れば自身にあった医療サービスを受けられる時代です。また指導を受ける際に、マッサージや歩行の方法、注意点をしっかり控え、指導者の指示を守る限り家族でのリハビリも可能です。この様にただ医療を受けるのではなく、積極的に理解していく工夫を行えば脊柱管狭窄症のリハビリであっても自家で行えることはあるのです。家族がリハビリに参加することで、治療に伴う孤独感も減少します。

患者は増加するか

脊柱管とは脊椎にある穴のことです。脊柱管狭窄症はその穴の中を通る神経が、周囲の骨などにより圧迫され、しびれや痛みを発生させます。この穴は加齢によって狭くなっていく傾向にあります。加齢以外でもその部位に物理的な力が加わり続けることで骨がずれたりすると同様に神経を圧迫します。骨のずれも加齢によって起こりやすくなります。日本は世界でも高齢者の割合が高い国です。そのため今後、脊柱管狭窄症の患者は増加すると考えられます。脊柱管狭窄症にかかると初めはしびれや痛みが出て、その後徐々に体が動かしにくくなります。結果的に寝たきりにつながりやすい疾患です。寝たきり患者が増加する一因に今後もなると考えられます。脊柱管狭窄症は早期の介入で予防できる疾患です。早期発見、早期予防の心がけが必要です。

最先端のがん治療法

医者

樹状細胞療法とは、がん治療として注目されている方法です。人体の免疫機能の司令塔となる樹状細胞を体外で培養し、体内に戻すことでがん細胞に打ち勝つという仕組みです。副作用が少なく、がん細胞だけを攻撃するため、人体に優しい治療法として、採用する医療機関も増えています。

詳細を読む

画期的ながん治療の開発

フラワー

がん治療は手術、抗がん剤治療、放射線治療とどの方法も体に大きな負担をかける治療法です。副作用などを併発することも少なくありません。しかし、副作用の全くないNK細胞療法が開発されています。自分の免疫力を高めて悪性腫瘍と戦わせる治療法です。

詳細を読む