様々な療法でアプローチ!|脊柱管狭窄症のリハビリ法

病院

画期的ながん治療の開発

フラワー

がん治療は体に大きな負担

がんは不治の病として恐れられています。しかし多くの人ががんで命を落とす現在、日本人の脂肪の要因の常に上位になっていることも特徴です。がんの治療は手術、抗がん剤治療、そして放射線治療と3つの治療法が主流です。これらの治療は多くのがん患者の命を救ってきましたが、同時に体への負担が大きな治療法でもありました。患部を切開してがんに侵された箇所を切除したり、副作用の強い抗癌剤を服薬したりと、生半可では行かない過酷な治療法でもあったのです。また、この中では比較的負担の少ない放射線治療も、何回も受けることができない限られた治療となっています。これらの治療法はどれも折り紙つきの評判ですが、精神的にも覚悟が必要な治療法でした。

副作用が全くない治療法

そんな従来の治療方法とは根本から異なる、第四の治療法が開発されようとしています。それが、NK細胞療法です。免疫治療法として開発されたNK細胞療法は、患者の低下した免疫力を高めて患者の体内に侵入した細菌やウィルス、腫瘍などを排除する働きを活用するものです。悪性腫瘍にも効果的に働き、自己防御システムも持っています。このNK細胞療法の最大のメリットは副作用がないがん治療ということです。自分の体の免疫力を向上させる方法の為、副作用が全く生じないのです。子供のころには多く存在するNK細胞は自然と加齢とともに減少します。そのNK細胞を増加させることがNK細胞療法なのです。この治療法はまだ日本国内では保険適用外です。そのため高額な治療費がかかります。