様々な療法でアプローチ!|脊柱管狭窄症のリハビリ法

病院

最先端のがん治療法

医者

樹状細胞とは何か

樹状細胞療法とは、がんの免疫療法として注目されている治療法の一つです。樹状細胞とは何かと言いますと、人体の免疫に関する細胞で、免疫において、司令塔となる重要な役割と果たす細胞です。例えば、人体に異物としてウイルスが侵入してきた場合を想定しましょう。樹状細胞は、常に体内の異物を監視していますので、これをいち早くチェックします。そしてチェックし、ウイルスだと判断すると、それを食べて飲み込みます。その後、リンパ節に移動して、リンパ球に信号を送って攻撃するように指示を出すのです。これに反応してリンパ球はウイルスを戦い、これを追い出します。サッカーに例えるとするならば、自ら得点もでき、指示も出せる優れた司令塔の役割を持つ細胞と言えるでしょう。

がん治療に効果的な理由

樹状細胞療法は、上記のような樹状細胞の働きに注目した治療法です。さきほどの例は、ウイルスに例えましたが、樹状細胞には、がん細胞に対しても同様の機能を持っています。がん細胞が増えすぎてしまうと、樹状細胞がうまく機能しなくなったり、数が足りないという状況に陥り、がん細胞に押されてしまいます。これを人口技術的に解決するのが樹状細胞療法です。おおまかに言えば、人体から樹状細胞を取り出して、体外で培養し、患者のがん細胞を認識させたうえで体内に戻し、がん細胞に打ち勝つ状況を作り上げるという治療法です。治療実績も確実に増えており、この方法を採用する医療機関も増加しているため、効果はかなり期待できるでしょう。患者自身の細胞を利用するため、副作用がほとんどなく、がん細胞へのピンポイント攻撃が可能な点も樹状細胞療法の特徴です。問題点があるとすれば費用面でしょう。現段階では、最先端の医療技術として、公的保険の適用外のため費用は全額負担となっています。