様々な療法でアプローチ!|脊柱管狭窄症のリハビリ法

病院

女性特有の疾患

看護師

検診の記録

乳がん検診では、最近の身体のコンディションや病気に関する質問などの問診を受ける必要があるため、自分自身の身体の状態を手帳などに記しておくことが重要です。問診の内容には、女性ホルモンの影響を受けやすいがんであるため、生理周期などの月経状況をはじめ、妊娠や出産、さらにがん血統であるのかなどの質問があるため、質問に答えられるように情報を整理しておく必要があります。乳がん検診では、触診では発見が難しい小さながん細胞までも発見できるマンモグラフィー検査が一般的に提案されています。乳房を板で挟み込み、平たくした後、X線装置で撮影するものの、板で挟み込む圧力により、痛みが生じやすく、痛みに敏感な女性は注意しておきたい点ですが、マンモグラフィー検査のみならず、他の検査によっても検診は可能となるため、医師との検査の流れを良く話し合うことで解決できる内容です。

二次検査時の心情

乳がん検診のメリットは、早期発見・治療による救命を挙げることができます。しこりなどの違和感があり、外来を受診してがんを発見するケースは少なくはないものの、進行した状態での外来受診が問題視されています。乳がん検診は、自覚症状がなく、健康的な日々を過ごしている女性を対象としており、進行していないがんを早期に発見できる魅力が挙げられています。近年、ピンクリボン運動により、女性の乳がんへの関心は高まり、医療機関のみならず、企業や街中にも情報が拡散され、受診率が高まっています。また精密機器によって、検査の感度も高まっているのも魅力ですが、疑わしい場合の二次検診を受ける際、女性は精神的に弱い内面を持っていることから、心身を含め、メンタル医療までも視野に入れた検診が動き出しています。